毒草一覧次の花
「ウパスの木」伝説




かつてジャワ島の真ん中に猛毒を撒き散らしている一本の木がありました。その木はある谷にポツンと聳え立ってその谷の周り一面を毒ガスで充満させていました。そして、谷に近寄る動物や他の植物たちの生命を奪い谷の周りは迷い込んだ人間や動物の骨の山で覆いつくされていたのでした。「ウパス」とはマレー語で「毒」の意。伝説の「木」ですね。矢毒として有名な「イポー(クワ科 ウパスノキ属)」の別名としてその名は伝えられています。



イポー(ウパス)



毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS